フローティングメニューの使い方(スクロールするメニュー) : HTMLコーディングのノウハウ : HTML/XHTML、CSSコーディング最安保障~クロノドライブ~

今回は、ブラウザのスクロールに合わせてするする付いてくるフローティングメニューのご紹介です。
あまり使う機会はありませんが、覚えておくといざというときに便利です。

それでは早速使い方のご紹介

必要なデータを揃える

まずは、JQUERY SCROLL FOLLOWから下記ファイルをダウンロードしましょう。

ここではファイル名を下記の通り保存しました。

  • jquery.js
  • jquery-ui.js
  • jquery.easing.js
  • jquery.scrollfollow.js

ディレクトリはこのようになりました( jsフォルダの中にダウンロードした jsファイルが全て入っています)。

HTMLからjsデータを読み込む

フローティングメニューを使用するHTMLファイルから先ほどダウンロードした jsファイルを読み込みます。
{path}の部分はHTMLファイルからのパスにしてください。

<script type="text/javascript" src="{path}/jquery.js"></script><script type="text/javascript" src="{path}/jquery-ui.js"></script><script type="text/javascript" src="{path}/jquery.easing.js"></script><script type="text/javascript" src="{path}/jquery.scrollfollow.js"></script><script type="text/javascript">

次にフロートさせる要素のIDとオプションの設定をします。ここでは #sideBar をフロートさせる要素のIDとして指定しています。このID指定を間違えると動かないので気をつけましょう

<script type="text/javascript">$( document ).ready( function (){        $('#sideBar').scrollFollow({});});//オプション$( document ).ready( function () {        $( '#sideBar' ).scrollFollow( {                //アニメーションの速度の設定。0 にするとアニメーションなしになります。                speed: 500,                //ブラウザの領域とフロート要素との余白。0にするとぴったりくっつきます。                offset: 0        } );} );</script>

最後に、フロートさせる要素に position: relative; か position: absolute; を指定します。
これで完了です。
◆サンプル
▼HTMLデータのダウンロード

jsファイルは再配布すると怒られちゃうかもしれませんので、自力でダウンロードしてください・・・!

—————

ブラウザ側の実装が不十分な position: fixed; の代わりに使うことでデザインの幅も広がりそうですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中