クラウドインフラを支える高性能ネットワーク、ストレージ技術 « さくらインターネット研究所

当ブログをご覧の皆様こんにちは。
さくらインターネット研究所の大久保です。

先日、11/13に六本木で開催されたApplication Performance 2012にて発表をさせていただきました。

▽ Application Performance 2012
http://www.f2ff.jp/ap/2012/

ナノオプト・メディアさん主催のイベントで、アプリケーションやビッグデータなど、どちらかと言うと高レイヤーの話題が多く取り上げられています。そんな中、私の方では「クラウドインフラを支える高性能ネットワーク、ストレージ技術」というタイトルで若干レイヤー低めのインフラ系の話をさせていただきました。来場者層が心配でしたが、当方のセッションにも多くの方にお越しいただき盛況でした。お越しいただいた皆様ありがとうございました。

発表内容ですが、弊社のクラウドサービスのインフラを設計する立場で、ネットワークとストレージのボトルネック、また、それを乗り越えるために取り組んでいる内容をご紹介させていただきました。

資料を以下に載せておりますので、ご興味をお持ちの方いらっしゃいましたら、ご覧いただければと思います。

▽ 発表資料: クラウドインフラを支える高性能ネットワーク、ストレージ技術

20121113-app-perf-post.pdf

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中