メモ:twitterのbotを作るために必要なAPI key・token取得法 | Pocketstudio.jp log3

完全自分用の備忘録です。

twitterのbotを書きました。コードを書いた後、特定のtwitterアカウントで、自動tweetをするためには API の key や token の取得が必須です。久々にAPI登録したのですが、今後戸惑わないように簡単に手順をまとめておきます。

1. まずはアプリケーション(bot)を登録する。登録用 URL に移動。

https://dev.twitter.com/apps/new

このページにアクセスします(ヘルプページのフッタ部分に “API” というリンクがあり、そこから辿ることが出来ました)。

2. 必要な項目を入力。

  • “Name:” アプリケーション名
  • “Description:” アプリケーションの説明
  • “WebSite:” サイトのURL

この3つが必須です。

ページを下っていくと、【 Yes, I agree 】にチェックを入れます。CAPTCHA の部分には、画面に表示される文字を入力。最後に【 Create your Twitter application 】(ツイッターアプリケーションをお作成)ボタンをクリック。

作成が成功すると、画面が切り替わります。

今回はbotを作成したので、「tweetを許可する」必要、つまり「APIによるwrite」を許可する設定を行います。My applications の画面で、【 Settings 】のタブをクリックします。

次に切り替わった画面では、”Application Type”(アプリケーションの種類)→”Access:”にある権限設定を【 Read and Write 】に変更します。この変更を行わないと、bot は書き込みが出来ないので要注意です。

変更後、【 Update this Twitter application’s setting 】(ツイッターアプリの設定を更新)ボタンを押します。無事更新が終わったら、ページ左上、【 Details 】タブをクリックして、元の画面に戻ります。

元の画面に戻ったら、”OAuth settings”の”Access level”が”Read and write“に変わっている事を確認します。

そして、アクセストークンを作成します。ページ一番下”Your access token”に【 Create my access token 】があるので、ボタンをクリックします。

正常に処理されれば、”Access token” “Access token secret”が表示されます。既に作成されている OAuth の “Consumer key” と “Consumer secret”をbot側プログラムにセットして完了です。

なお、”Read-only” で token を作成してしまっていた場合、【 Recreate my access token 】(アクセストークンを再作成)ボタンを押すことで、Read-write に対応したトークンを取得できます。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中