スマートな生活センサー環境が簡単に作れる『Twine』 « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

家の各所にセンサーを配置し、リアルタイムで状況を把握、自動制御化するという夢を簡単にかなえるキットが開発されている。加速度計や温度センサー等が搭載された小さなブロック『Twine』だ。


『Twine』は、実生活についてのスマートな「プレイリスト」を作成できるボックスだ。およそ6.5cm四方の直方体に、Wi-Fiとさまざまなセンサーが搭載されている。単3電池2本で数カ月動作し、USBから電源を取ることもできる。

Twineには、2つのオンボード・センサー(加速度計と温度センサー)が付いている。湿度センサーと磁気スイッチも使用可能になる予定だ。

Twineの発想は、オタクの要素がまったくない人でも、電子機器を使ったオタクっぽいプロジェクトを作れるというものだ。シンプルなウェブ・インターフェースを使用して、「湿度センサーが湿気を感知したら『地下室が水浸しだ!』とツイートする」といったように、「条件と動作の組み合わせ」を設定できる。

センサーが追跡できることなら何でもインプットにすることができ、アウトプットは『Twitter』、電子メール、SMS、あるいはHTTPリクエストを介して行うことができる。

Twineの設定は、iTunesのプレイリストを作るくらい簡単だ。

はんだ付け不要で他の任意のセンサーに接続できるブレイクアウト基板も入手可能だ。

家の各所にセンサーを配置して何が起こっているかを知り、(理論上)すべてを自動制御化するというのは、まさにハッカーたちの夢だ。外出中に誰かがドアをノックしたらアラートを送信し、室温が高くなったらエアコンのスイッチを入れるのだ。

Twineは『Kickstarter』のプロジェクトで、すでに目標の資金調達に成功している(当初の目標額である35,000ドルを超え、550,000ドルを超える注文が集まっている)。開発者たちのサイト『Supermechanical』で、価格99ドルで事前注文もできる。発売開始は5月の予定だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中