Erlang プログラミング入門: 第 1 回 基本

例えば、Erlang には非常に単純な並行性モデルが組み込まれており、個々のコード・ブロックを比較的簡単に同じホストで何度も実行できるようになっています。この並行性に加え、Erlang が使用するエラー・モデルでは、並行プロセス内で発生した障害を (それが新しいプロセスの場合でさえも) 特定して処理できるため、フォルト・トレラント性が高いアプリケーションをとても簡単に構築することができます。さらに、Erlang には分散処理が組み込まれており、あるマシンで実行されているコンポーネントを別のマシンから要求できるようになっています。

要するに、最近のネットワークや Web ベースのアプリケーションをサポートするために多用されているような、分散型のスケーラブルかつハイパフォーマンスのアプリケーションを構築するには、Erlang が絶好の環境となります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中