オフィスのホワイトボードを止めて「Trello」を使うべき理由【増田(@maskin)真樹】 : TechWave

treo

 過去MicrosoftでExcellチームに所属し、StackOverFlowの協同設立者でもあるJoel Spolsky氏が経営する「Fog Creek Software」は北米時間の9月13日、業務などにおけるチーム向けのコラボレーション支援ツール「Trello」をローンチした。

 Trelloを使えばチームの誰が何をしているかといった、タスク管理や進捗管理、重要次項リストなどを確認したり、諸伝達を行うといったことができる。共同作業に必須の機能を、ボード型のインターフェイスに集約することで一度にチェックすることができるようになっている。登録は無料で、ログインはGoogleアカウントからでも可能。

 ログイン後表示されるのはホワイトボードのような画面。標準で提供されるWelcomeボードが表示されるが、自分で自由にボードを追加することができる。ここに「リスト」という名前のシートを貼り付けていくのが基本的使いかた。

 リストは以下のような項目で構成されたフォルダみたいなものを考えればいいだろう。適当なタイトルを決め、その中に「カード」という情報箱を追加していく。下の例では「TechWave」というリスト名で、やるべき作業や共有すべき情報を配置している。

screenshot_10

 カードはとても機能が豊富で、単純な情報掲示から投票、タスク管理、画像などのファイル共有などが簡単に行うことができる。ここで投稿された情報やコメントは、全て記録されるだけでなく、ボードのトップにもストリーミング通知されていく仕組みだ。

screenshot_09

 Trelloの最大の魅力は、ドラッグ・アンド・ドップでリストやカード、そしてメンバーを直感的にオーガイナイズできる点。特定のカードに対し「あの人には必ずチェックしてもらわないと」と思ったら、そのメンバーのアイコンをドロップすればいい。組み合わせや使い方に汎用性があるため多様な業務にフィットしやすく、オブジェクト単位で情報の流れを生み出せるため、必要な情報が埋もれてしまいにくく「このメーリングリストはとにかく重要なので社員全員みるように!」などという無茶なことをせず、スマートに共同作業をすることができる。

 プロジェクト単位の業務は、日々沢山のタスクや雑務との戦いともいえる。ホワイトボードにメモしたり、付箋紙を貼り付けるなどで情報共有をしようとしている人も多いと思うが、結局、外出先から事務所に電話して「あれってどうなってるんだっけ?」と聞くような無駄も多い。社内メーリングリストやSNS、掲示板、それ以外の情報共有ツールも多数あると思うが、面倒過ぎたりしっくり使いこなせない人もこのメタファー&優秀なUI/UXの上なら有効活用できるかもしれない。

【関連URL】
・Trello | Organize anything,together
http://trello.com/
・Announcing Trello – Joel on Software
http://www.joelonsoftware.com/items/2011/09/13.html
・Fog Creek Software
http://www.fogcreek.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中