15分でOK!ServersMan@VPSにSL6(≒CentOS6)を入れる方法 – y-kawazの日記

最近、DTIのServersMan@VPSがお安いので良く使ってます。

今月頭にCentOS6が出て今月の定例アップデートでCentOS6来るかな?と期待してたんだけど流石にまだでした…。でもいい加減に痺れを切らせてしまったので自分で入れ替えてみることに挑戦してみました。ServeresMan@VPSはOpenVZの仮想化なのでとても単純な動作をしてくれるのが良いですね。

で、本当はCentOS6にしたかったんだけどOpenVZのCentOS6テンプレートはまだ無いみたいなので、自分でゼロからCentOS6のテンプレート作成にチャレンジしました。でも上手く動かなかったのでCentOS6を諦めてSL6を入れることにしました。

SL6(ScientificLinux6)はCentOS6と同様RHEL6のクローンで「貧乏人のRedHat: CentOSとScientific Linuxの違い – bero の日記 」によると、これらは殆ど同じと考えてしまっても良いようです。

更に入れ替え手順についても先人がいて、基本的には「ServersMan@VPS に Scientific Linux 6.0 を入れてみた | わいじーろぐ」の通りにやれば出来てしまいます。実際にコレを試してみたところ何度かミスをしましたが最終的には上手くいったので今回の記事を書いてます。

スクリプト化してみた

で、今回はこの作業が一発でできたらいいなーってことで手順を整理して一つのスクリプトにしてみました。それが以下のスクリプトです。

内容は以下のようになってます。2つは内容はほぼ同じで、openvz.orgからダウンロードするテンプレートのURLが違うだけです。

# 作業のジャマなので不要なプロセスを停止/etc/init.d/ajaxterm stop/etc/init.d/crond stop/etc/init.d/httpd stop/etc/init.d/saslauthd stop/etc/init.d/syslog stop/etc/init.d/xinetd stop# 公開されてるSL6のテンプレートを元に新環境を作るmkdir /SL6curl http://download.openvz.org/template/precreated/beta/scientific-6-x86_64.tar.gz | tar xfzv - -C /SL6/bin/cp -ap /etc/resolv.conf /SL6/etc//bin/cp -ap /etc/sysconfig/network /SL6/etc/sysconfig//bin/cp -ap /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-venet0* /SL6/etc/sysconfig/network-scripts//bin/cp -ap /etc/ssh/ssh* /SL6/etc/ssh//bin/cp -ap /aquota.group /SL6//bin/cp -ap /aquota.user /SL6/ln -sfn /usr/share/zoneinfo/Japan /SL6/etc/localtime# 現行システムとSL6を入れ替えるyum -y install busyboxmkdir /CE5/sbin/busybox mv /* /CE5//CE5/sbin/busybox mv /CE5/SL6/* /# 終わりecho "passwd コマンドで新環境のパスワードを設定して下さい。"echo "デフォルトはパスワード未設定なのでそのままだとログインできなくなります。"echo "管理コンソールから、停止(5分くらい?)→起動(2分くらい)すればSL6が起動します。"

実際の手順

入れ替え作業は超シンプルです。CentOSを選択して契約したVPSにsshでログイン後、以下の1行を実行するだけです。入れ替え前のOSイメージは /CE5 に残ります。

curl http://www.kawaz.jp/tmp/openvz/OpenVZ-CE5toSL6-x86_64.sh | time sh

何回か試してみましたが月490円のEntryプラン環境で実行すると大体15分くらいで入れ替えが完了するようです。

再起動前にpasswdコマンドで新環境のrootパスワードを設定するのを忘れないで下さい。入れ替え後はrootパスワードが未設定状態なのでこれを忘れるとログインできなくなります。万が一ログイン出来なくなったり起動しなくなったら管理画面(MyDTI)から完全初期化して最初からやり直して下さい。大抵の事は何をやらかしてもこの「手軽に完全初期化」をすれば無かったことになるので多少無茶なことも試しやすくて気が楽ですw

最後になりますが、利用規約の30条にあるように、今回の行為は保守範囲外にあたるのでサポートが受けられなくなりますので肝に命じておいて下さい。ただ、ざっと読んだ感じは保守範囲外なだけで禁止事項には該当しないようなので自己責任ならOKじゃないかな?と思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中