異なるバージョンのFirefoxを共存させる方法 | Macの手書き説明書

Firefoxの開発速度は日進月歩。

次々と新しいバージョンがリリースされているのですが、拡張Greasemonkeyスクリプトが対応していないので古いバージョンをずっと使っていました。

それでも新しいFirefoxへアップデートする欲求が耐えがたくなってきたので、古い環境を残しつつ新しいバージョンのFirefoxを使う方法を探してみました。

作成したサイトの動作確認を複数のバージョンのFirefoxでしたいという人にも役立つTipsだと思います。

ターミナルからプロファイルマネージャーを起動する方法と、Firefoxの中身を弄る方法があるのですが、後者の方が簡単だしスマートだと思ったのでそちらを紹介します。

まず別バージョンのFirefoxをダウンロードしてきて、ディスクイメージの中身のアプリを適当な名前にリネーム。

「Firefox 5.0.1」などバージョンが分かるような名前にリネームするのがいいでしょう。

Firefoxをリネームする

次にリネームしたFirefoxを右クリックして「パッケージの内容を表示」

「Contents」>「MacOS」>「application.ini」を適当なテキストエディタで開きます。

application.iniをテキストエディタで編集する

テキストエディタで開いたら以下のような記述を探します。

[App]Vendor=MozillaName=Firefox

firefox_version3

ここの「Name」の部分を適当な名前(さっきリネームした名前がいいでしょう)して保存するだけで設定はおしまいです!

この設定をするとリネームしたFirefoxが別アプリとして認識され、デフォルトのプロファイル(ユーザの設定などを保存しているフォルダ)とは違う場所に新しいプロファイルが指定した名前で作られます。

firefox_version4

これ以後別バージョンのアプリを起動させたい場合はリネームしたアプリを起動するだけです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中