短縮URLを無料のオープンソースで設置する方法 | カグア!

短縮URL、フリー

 なかなか良いカンジです。MYSQLが使えるホスティングがあれば概ねOK。
 しかも、計測もほぼリアルタイム。無料のGPLライセンス。
 mod_rewriteで、PHP 4.3以上、MYSQL 4.1以上で利用可能。

 参考にしたのはこちら。

 超簡単!自分だけの短縮URLサービスを設置してみよう | 技術メモ

 ありがとうございました!

 

設定ファイルの変更

 includesフォルダ内の、config-sample.phpconfig.phpにリネーム。

 ダウンロードしたのは、yourls-1.4.3.zip。設定が上記URLのバージョンとは
 変わっていましたので以下シェア。※-9は東京のタイムゾーン、マイナス9時間。

/** MySQL database username */define('YOURLS_DB_USER', 'データベースのユーザー名');/** MySQL database password */define('YOURLS_DB_PASS', 'データベースのパスワード');/** The name of the database for YOURLS */define('YOURLS_DB_NAME', 'データベース名');/** MySQL hostname */define('YOURLS_DB_HOST', 'Mysqlのアドレス');/** YOURLS installation URL, no trailing slash */define('YOURLS_SITE', 'サイトのURL(最後の/は無し)'); ///** Timezone GMT offset */define('YOURLS_HOURS_OFFSET', -9); /**  Username(s) and password(s) allowed to access the site */$yourls_user_passwords = array(        'ユーザー名' => 'パスワード'        );

 

インストール&操作方法

 あとは、http://サイトのアドレス/admin/ にアクセスすれば、installボタンが
 表示されますので、クリック。数秒でインストールは完了します。

 設定したユーザー名とパスワードでログインしますと、以下のように。
 短縮URL作成の入力欄と、過去に作成した短縮URLの一覧が表示されます。
 短縮URL 無料

 

短縮URLのクリック分析

 時間ごとのクリック数を測れます。
 短縮URL、無料

 どの地域からクリックされたか、大体わかります。
 短縮URLを自前で設置

 リファラーもわかります。
 無料の短縮URL

 

WordPressにも設置可能

 ブックマークレットAPIなども利用できるようで、重宝しそうです。
 また、WordPressのプラグインにも出来るようなので、ちょっといじってみます。

 外部の短縮URLを使う際には、サービス停止などのリスクがありますが、
 自前で用意すれば、そのリスクも少しは軽減できますね。

 その他の短縮URLの信頼性やスピードなどは、こちらの記事が参考になります。

 URL短縮サービスのベンチマーク&ランキング – どれが最速で安心できる? | ついーたーTweeter.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中