プログラミング用フォント Ricty

プログラミング用フォント Ricty

Ricty は研究・開発のツールとして製作されたフリーの TrueType フォントです。

Ricty screen shot on GNU Emacs 23

概要

Ricty (リクティ) は研究・開発のツールとして製作されたフリーの TrueType フォントです。C、C++、FORTRAN、Python、Perl、Ruby、AWK、シェルスクリプト、Makefile、LaTeX など、Linux 上でのコーディングにおける使用を想定しています。以下の 2 つの等幅フォントを合成した後に、プログラミング用フォントとしていくつかのチューニングを施してあります。

Inconsolata
Top 10 Programming Fonts」や「プログラミング時に最適なフォント『Inconsolata』」などで高い評価を受けているサンセリフ体欧文フォント
Migu 1M
M+ 1MIPA ゴシックの合成フォント (旧称 M+1VM+IPAG circle/M+2VM+IPAG circle) であり、「Windows でプログラミングに最適なフォントを探す」などで高い評価を受けているゴシック体和文フォント

Inconsolata 作者の Raph Levien 氏、Migu 1M 作者の itouhiro 氏、M+ 1M 作者の coz 氏、IPA ゴシックのベースとされる TB ゴシック作者の林隆男氏の 4 名からイニシャルを頂き、おそれながら私のイニシャルも加えさせて頂き、“Ricty” と命名いたしました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中