fladdict » 0円の広域負荷分散システムCloudFlareが素晴らしい件

どういうサービス?
CloudFlareはいわゆるCDN(広域負荷分散システム)。世界5カ所にデータセンターを有し、サイトデータをキャッシュして各地に配信するこで負荷分散してくれる。いわゆるAkamaiの同類だけど、ものすごい特徴が1つある。なんと基本サービスは無料で、プロ版も月額$20の定額システムなのだ!。あとセットアップが超はやい。DNSのネームサーバーと、オリジナルデータのホストIPをCloudFlareに渡すだけ。5分で終了し、24時間以内にサイトのトラフィックの75%がCDNで分散され、接続速度が60%増加した(CloudFlraeのコンソール画面によれば)。

本来ならポーマニクラスにCDNを導入すると、月に$300-400ぐらいはかかるはずと思ったら、定額$20。。。というかCDNを無料とか$20で提供して破綻をしないのか?というのはちょっと不思議。

多分、こういうビジネスモデル
思うにCDNを導入するサイトの90%は、フル稼働のCDNを必要としていない。特定の時間帯のみ高負荷がかかったり、クライアント案件でリスクヘッジの為に導入しているのだろう。なので実際には$20の契約をしても、平常時は$3ぐらいしかトラフィックを使わないユーザが殆どに違いない。

だからサービス全体にかかるトラフィックを平滑化してやると、コストは圧縮できる。 $20の有料会員のフィーだけで、無料ユーザーやヘビーユーザーの負荷を吸収しても、問題なくサービスを運営できている・・・のだろう。

実際、仕事で使うとしたら、$20でプロ版にして、サイトの安定性はもとよりSSHやHTMLの最適化、プリフェッチなどがサポートされるなら、保険と思えばいつでも導入しもいいくらいだ。そうやって加入していう多くのユーザーの力で、多少トラフィックが跳ね上がったり、大きめのサイトであっても無料や$20の金額でホストしている。

とにかくお勧め
小〜中規模のキャンペーンサイトやiPhoneアプリのバックエンドで、トラフィックが見積もれない感じのサイトを立ち上げる場合によいかも。

ただしモンスター級サイトはお断りのようなので、保険程度に軽くCloudFlareの$20版を導入しておくだけで、リリース即クラッシュ回避などリスクヘッジができそう。で、成長しきったら高いCDNを導入すればいいかと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中