【AWS発表】 Amazon Simple Email Serviceの発表 – Amazon Web Services ブログ

今回発表した、新しいAmazon Simple Email Service (SES) は、Eメールを最小限の労力で最大限の拡張性を持たせてセットアップするのを容易にするサービスです。SESは、マーケティングのために大量のメールを一気に送信するような、大規模なEメール・ソリューションの構築に最適です。Amazon SESは、年間10億通のメールを送るAmazonのサイトで使われているスケーラブルなテクノロジーをベースにしているのです。

最適な送信レベルを得るために、どのホストをどう設定するかといった非常に大変なインフラレベルの仕事を気にすることなく、Eメールを送ることができるようになります。Amazon SESは、様々なメトリクスを提供するので、Deliverabilityを最大化するためのEメール戦略を調整するのに必要なフィードバックを得ることができます。

SESを使うために最初に登録して頂くと、まずは、SESの試験環境(サンドボックス)にアクセスできるようになります。そこでは、認証したアドレスに対してのみEメールを送ることができる制限が加えられています。この認証プロセスについてですが、まず確認Eメールを認証したいアドレスに送ります。受領者は、Eメールに埋め込まれたリンクをクリックします。また、メッセージを送るのに使われるEメールアドレスも認証する必要があります。こうして、認証済みのアドレスを使えるようになり、1日あたり200メッセージを送信でき、1秒あたり1メッセージのスピードで送信できます。試験環境には、この制限がありますが、アプリケーションを開発したりテストするには十分でしょう。この認証プロセスは、十分なコントロールがなされた環境下で、アプリケーションを開発&テストする目的で作られています。これにより、高い品質のEメールの送り主としての評判を維持する役割を果たすと考えています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中