MacをJavaScriptの開発環境にするメモ – 0xFF

パッケージマネージャ

MacのパッケージマネージャといえばMacPortsが定番ですが、最近はhomebrewが人気…なんですが、あえてMacPortsを選びました。

homebrewが人気な理由は、MacPortsはデフォルトで入っているパッケージを使わずにすべて自前でコンパイルするから重い、それに対してhomebrewはデフォルトをそのまま使うので軽いというのが主な理由(あと、homebrewのほうが新しいので各パッケージのバージョンも最新に近いのもメリット)みたいなんですが、MacPortsも昔はデフォルトのパッケージを使っていたけどMacのバージョンが変わったときに問題が出るから自前でコンパイルするように切り替えたという経緯があるそうです。というわけで、homebrewも同じ道を歩む可能性が高そうです。ただ、結局MacPortsもOSのバージョンが上がったときに問題が出ることがあるみたいで、環境の再構築に時間が短くて済むhomebrewのほうが良いかもしれません。どっちに転ぶかとりあえず様子見ということで、今回はMacPortsを選びました。

MacPortsのインストールはThe MacPorts Project — Download & InstallationからSnow Leopard用のdmgを落としてインストールするだけです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中