簡単にできる WindowsXP SP3 プロセス最適化 – 必要のないサービスを停止してパフォーマンスを向上させる方法 – 高橋です

f:id:y_guriko:20101224153037j:image:w300

最適化されたプロセス、いいパフォーマンスです。

パソコンの起動や動作を軽くするなら、やっぱりサービスの最適化です!

不要なサービスを無効にして、仕事もプライベートも快適なPCライフで楽しみましょう!

さて、起動しているサービスについては私の設定を掲載しておきます。

タスクマネージャで確認したところ、常駐プロセスは23~28程度です。

この方法を友達に試してみたら、やはりサクサクに速くなってました!

というかチューニングしていないので当たり前ですね。

リスクはありますが、変更は自己責任でお願いします。

本当はサービスの役割も書きたかったのですが、今はこれが精一杯です。

『システム構成ユーティリティ』を起動して、以下のように設定を変更する。

システム構成ユーティリティの起動は、

ファイル名を指定して実行(ウィンドウズキー+R)から「msconfig」でOK。

以下に記載したサービスを残して、それ以外のチェックを外してください。

ご指摘ありがとうございます。

  • Automatic Updates
  • Background Intelligent Transfer Service
  • COM+ Event System
  • Cryptographic Services
  • DCOM Server Process Launcher
  • DHCP Client
  • DNS Client
  • ESET Service
  • ESET HTTP Server
  • Event Log
  • HID Input Service
  • NVIDIA Display Driver Service
  • Network Connections
  • Network Location Awareness (NLA)
  • Plug and Play
  • Print Spooler
  • Protected Storage
  • Remote Procedure Call (RPC)
  • Remote Procedure Call (RPC) Locator
  • Security Accounts Manager
  • Shell Hardware Detection
  • System Event Notification
  • Task Scheduler
  • Themes
  • TrueVector Internet Monitor
  • Windows Audio
  • Windows Installer
  • Windows Management Instrumentation
  • Windows Time
  • Workstation

設定が終わったら『適応』をクリックした後、再起動してくださいね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中