次世代FacebookのDiasporaがついに非公開アルファに–明確にFacebook批判を打ち出す

本誌は、オープンソースのFacebookと自称他称されるDiasporaの進捗を、プロジェクトが実際にスタートする前からずっと追ってきた。それは最初に、一般ユーザが投資家となる小規模投資サイKickstarterで、39日で1万ドルという目標額に対し6500人の支持者から合計20万ドルという記録的な額を達成し、大きなニュースになったからだ。しかし、これだけ期待が大きいと、成果も問われる。少人数の大学生チームだから無理ではないか、と懸念する人も少なくなかった。

お金を得た彼らは、夏のあいだ某所に引きこもってプロジェクトに集中した。小さな問題はいくつかあったが、9月にはソースコードの公開にこぎ着け、好悪両方の評価をもらった。そのとき、実際に使えるアルファバージョンは10月にリリース、とされた。しかしその10月は沈黙のまま過ぎ去り、アルファの立ち上げは感謝祭に延期された。全国民が七面鳥を食べる日まであと2日となった今日(米国時間11/23)、Diasporaが今度は確かにリリースされた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中