yebo blog: MacBook Air、Flashの利用でバッテリー持続時間が2時間減少

恐るべし、Flash。Ars technicaによれば、新型のMacBook Air 11インチモデルにFlashのプラグインをインストールして利用すると、バッテリー持続時間が3分の1(約2時間)も減少してしまうという結果になったそうだ。一方、プラグインをインストールしなかったMacBook Airのバッテリー持続時間は2時間延びた。なぜ、こんな事になるのかというと、Web上にあるFlashベースの広告が多くのCPUを消費するためとのこと。

Flashをアンインストール(“/Library/Internet Plug-Ins/”から”Flash Player.plugin”、”flashplayer.xpt”、”NP-PPC-Dir-Shockwave” を削除する)、もしくはClickToFlashというSafari拡張をインストールしよう[daring fireball]。Flashの有効/無効をコントロールすることができる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中