Mozillaが伝授! 安全で忘れにくい、超シンプルなパスワード設定法 : ライフハッカー[日本版]

1: 覚えやすい文を選ぶ

たとえば「A stitch in time saves nine」のように、覚えやすい文を選ぶ。このとき、「for」を「4」とか、「ate」を「8」といったように、同じような発音のものは、文字を数字に置き換えるとベター。日本語の単語を数字で当て字するのもありです。

2: 文を構成するワードの最初の文字を取り出す

「A stitch in time saves nine」であれば「Asits9」

3: 特殊文字を加える

2. の文字列に、特殊文字「@、?、#、%、&」などを加える。たとえば「#Asits9:」といった具合。これが基本パスワード文字列になる。

4: 利用するウェブサイトを表す文字列を前後いずれかに加える

3. の基本パスワード文字列に、利用するウェブサイトごとに、これを表す文字列を前か後ろに追加する。たとえば、Amazonなら「AmZ」を後ろに加えて「#Asits9:AmZ」、Facebookなら「FbK」で「#Asits9:FbK」など。

3. で作った、基本パスワード文字列さえ覚えておけば、利用するウェブサイトごとにカスタマイズできるので、セキュリティ面でも安心ですし、パスワード忘れも防止できますね。

ちなみに、このように文を用いたパスワード設定法は、ライフハッカーアーカイブ記事「より安全なパスワード設定のコツ」でも触れていますので、あわせてご参考まで。また、4. と同様のパスワードアレンジ術は、ライフハッカー読者りゅーくんさんから、ご紹介いただいておりました。

このほか、日本人向けのパスワード設定術としては、ライフハッカー読者yama3さんや、jackさんオススメの、キーボードの「かな」入力を利用するという手もアリですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中