RHEL/Fedora/CentOSでのiSCSI接続方法|とみんのブログ

RHEL/Fedora/CentOSでiSCSI接続可能な機器に対して接続する方法についてです。
※元々はDELL PowerVault MD3000iの設定の1つとして記載しようとしたのですが、iSCSI接続可能な機器に対してはすべて同じことが言えるために別にしました。

  1. 以下のパッケージをインストールします。なおOSインストール直後ですでにインストール済みの場合もあります。また関連するパッケージのインストールを求められる場合もありますが、一緒にインストールしてください。
    • iscsi-initiator-utils
    • scsi-target-utis

  2. パッケージのインストールが完了したらサービスを順に起動します。

    # service iscsid start
    # service iscsi start

  3. iscsiadmコマンドでiSCSI接続可能な機器の情報を取得および登録をおこないます。

    # iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p [iSCSIポートのIPアドレス]

    DELL PowerVault MD3000iの場合はiSCSIポートが4つあり、いずれかのiSCSIポートのアドレスを指定すると4ポート分の接続情報の取得が可能です。

    # iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 172.18.0.152
    172.18.0.152:3260,1 iqn.1984-05.com.dell:powervault.6001e4f001e513e0000000047c4cad1
    172.18.0.153:3260,1 iqn.1984-05.com.dell:powervault.6001e4f001e513e0000000047c4cad1
    172.18.0.154:3260,1 iqn.1984-05.com.dell:powervault.6001e4f001e513e0000000047c4cad1
    172.18.0.155:3260,1 iqn.1984-05.com.dell:powervault.6001e4f001e513e0000000047c4cad1

  4. iSCSI接続可能な機器に接続します。

    # iscsiadm -m node -T [iSCSIドライバ情報] -p [iSCSIポートのIPアドレス] –login

    先程のMD3000iの接続情報を例にすると

    # iscsiadm -m node -T iqn.1984-05.com.dell:powervault.6001e4f001e513e0000000047c4cad1 -p 172.18.0.152

    となります。

  5. dmesgコマンドでiSCSI接続したハードウェア情報を確認します。
    # dmesg(中略)Loading iSCSI transport class v2.0-724iscsi: registerd transport(tcp)iscsi: registerd transport(iser)scsi1: iSCSI Initiator over TCP/IP   vendor: DELL    Model: MD3000i         Rev: 0670   Type:   Direct-Access                  ANSI SCSI revision: 05scsi 1:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0   vendor: DELL    Model: MD3000i         Rev: 0670   Type:   Direct-Access                  ANSI SCSI revision: 05SCSI device sdc: 4269791232 512-byte hdwr sectors(2186133MB)sdc: Write Protect is offsdc: Mode Sense: 77 00 10 08SCSI device sdc: drive cache: write back w/ FUASCSI device sdc: 4269791232 512-byte hdwr sectors(2186133MB)sdc: Write Protect is offsdc: Mode Sense: 77 00 10 08SCSI device sdc: drive cache: write back w/ FUA sdc: unknown partition table(中略)

    この場合はiSCSI接続によって認識したディスクが/dev/sdcであることが分かります。fdiskコマンドで確認すると以下のとおりとなりました。

    # fdisk -l
    (中略)
    Disk /dev/sdc: 2186.1 GB, 2186133110784 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 265782 cylinders
    Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

    ディスク /dev/sdcは正常な領域テーブルを含んでいません

  6. あとは認識したディスクのパーティション割り当て、ディスクフォマット、マウントをおこないます。
    # fdisk /dev/sde(中略)command (m for help): n  ※新しいパーティションの作成command actione extendedp primary partition(1-4)p             ※基本領域を選択Partition number (1-4) : 1 ※パーティション番号は1First cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-****, default ****) : 1Last cylinder or +size or + sizeM or +sizeK (1-****, default ****) : ****Command (m for help) : p   ※領域の確認(中略)Device     Boot Start  End   Blocks    Id  System/dev/sdc1         1    ***   xxxxxxxx  ii  LinuxCommand (m for help) : w   ※領域の書き込みThe partition table has been altered!Calling ioctl() to re-read partition tableSyncing disks# mkfs -t ext3 /dev/sdc1# mkdir /mnt/iscsi# mount -t /dev/sdc1 /mnt/iscsi

  7. iSCSI接続を切断する場合はiscsiadmコマンドでlogout引数をつけます。

    # iscsiadm -m node -T [iSCSIドライバ情報] -p [iSCSIポートのIPアドレス] –logout

    上記までの例の場合だと以下のような感じとなります。

    # umount /mnt/iscsi
    # iscsiadm -m node -T iqn.1984-05.com.dell:powervault.6001e4f001e513e0000000047c4cad1 -p 172.18.0.152 –logout

参考サイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中