PC便利帳: RHEL, CentOS でのiSCSIイニシエーターの設定

[概要]
Red Hat EL (RHEL) 5.xとCentOS 5.xを使用したiSCSIのイニシエーターとして使用する際の設定を説明しています。

[詳細]
RHEL 5.xとCentOS 5.xには、iSCSI イニシエーターのパッケージiscsi-initiator-utilsが添付されています。このパッケージはLinuxでのiSCSIのソフトウェア・イニシエータの機能を提供します。既出のiSCSIターゲットの構築とあわせて、iSCSIネットワークの構築に手順を記載していきます。

  1. パッケージのインストール
    iscsi-initiator-utilsパッケージをインストールします。
    rpm -Uvh マウントポイント/ClusterStorage/iscsi-initiator-utils*.rpm

  • 設定ファイルの編集
    “/etc/iscsi/iscsid.conf”の下記の部分を編集します。赤字の場所はターゲットで設定されている値を指定します。
    node.session.auth.username = foo
    node.session.auth.password = bar
    discovery.sendtargets.auth.username = foo
    discovery.sendtargets.auth.password = bar
  • サービスの起動
    iscsi イニシエーターのサービスを起動します。
    “iSCSI ターゲットを設定中”に”No records found!”と表示されますが、まだ、ターゲットを登録していないので、正常なメッセージです。
    [root@lin01 ~]# service iscsi start
    iscsid は停止しています
    Turning off network shutdown. Starting iSCSI daemon: [ OK ]
    [ OK ]
    iSCSI ターゲットを設定中: iscsiadm: No records found!
    [ OK ]
  • ターゲットの登録
    iSCSIのターゲットを登録します。赤字のIPアドレスにiSCSIのターゲットのIPアドレスを指定してください。その後、iscsi イニシエーターのサービスを再起動します。
    今回は、”iSCSI ターゲットを設定中”の後に接続したターゲットが表示されるはずです。
    [root@lin01 ~]# iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 192.168.1.3
    192.168.1.3:3260,1 qn.2001-04.com.jp-lin03-sdb:tgtd
    192.168.1.3:3260,1 qn.2001-04.com.jp-lin03-file:tgtd

    [root@lin01 ~]# service iscsi restart
    Stopping iSCSI daemon:
    iscsid が停止していますが PID ファイルが残っています [ OK ]
    Turning off network shutdown. Starting iSCSI daemon: [ OK ]
    [ OK ]
    iSCSI ターゲットを設定中: Logging in to [iface: default, target: iqn.2007-04.com.jp-lin03:tgtd, portal: 192.168.1.3,3260]
    Login to [iface: default, target: iqn.2007-04.com.jp-lin03:tgtd, portal: 192.168.1.3,3260]: successful
    [ OK ]

  • デバイスの確認
    dmsageコマンドや”/proc/partitions”で、デバイスが登録されたことを確認します。
    下の出力例では、”/dev/sdf,/dev/sdg,/dev/sdh”として、登録されています。
    [root@lin01 ~]# dmsage
    scsi4 : iSCSI Initiator over TCP/IP
    scsi5 : iSCSI Initiator over TCP/IP
    Vendor: IET Model: Controller Rev: 0001
    Type: RAID ANSI SCSI revision: 05
    scsi 4:0:0:0: Attached scsi generic sg4 type 12
    Vendor: IET Model: VIRTUAL-DISK Rev: 0001
    Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
    SCSI device sdf: 58605057 512-byte hdwr sectors (30006 MB)
    sdf: Write Protect is off
    sdf: Mode Sense: 79 00 00 08
    SCSI device sdf: drive cache: write back
    SCSI device sdf: 58605057 512-byte hdwr sectors (30006 MB)
    sdf: Write Protect is off
    sdf: Mode Sense: 79 00 00 08
    SCSI device sdf: drive cache: write back
    sdf: unknown partition table
    sd 4:0:0:1: Attached scsi disk sdf
    sd 4:0:0:1: Attached scsi generic sg5 type 0
    Vendor: IET Model: VIRTUAL-DISK Rev: 0001
    Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
    SCSI device sdg: 51697170 512-byte hdwr sectors (26469 MB)
    sdg: Write Protect is off
    sdg: Mode Sense: 79 00 00 08
    SCSI device sdg: drive cache: write back
    SCSI device sdg: 51697170 512-byte hdwr sectors (26469 MB)
    sdg: Write Protect is off
    sdg: Mode Sense: 79 00 00 08
    SCSI device sdg: drive cache: write back
    sdg: unknown partition table
    sd 4:0:0:2: Attached scsi disk sdg
    sd 4:0:0:2: Attached scsi generic sg6 type 0
    Vendor: IET Model: Controller Rev: 0001
    Type: RAID ANSI SCSI revision: 05
    scsi 5:0:0:0: Attached scsi generic sg7 type 12
    Vendor: IET Model: VIRTUAL-DISK Rev: 0001
    Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
    SCSI device sdh: 81920000 512-byte hdwr sectors (41943 MB)
    sdh: Write Protect is off
    sdh: Mode Sense: 79 00 00 08
    SCSI device sdh: drive cache: write back
    SCSI device sdh: 81920000 512-byte hdwr sectors (41943 MB)
    sdh: Write Protect is off
    sdh: Mode Sense: 79 00 00 08
    SCSI device sdh: drive cache: write back
    sdh: unknown partition table
    sd 5:0:0:1: Attached scsi disk sdh
    sd 5:0:0:1: Attached scsi generic sg8 type 0
  • パーティション、ファイルシステムの作成
    これ以降はiSCSIであることを意識せずに、通常のディスクと同様にパーティションとファイルシステムを作成すれば、mountして使用することが出来ます。
  • 以上で、RHEL, CentOS でのiSCSIイニシエーターの設定の説明は終わりです。

    広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中