LinuxでiSCSIを利用する at nkjmkzk.net

inuxでiSCSIのストレージを利用するにはカーネルでiSCSIのドライバが有効になっていて、iSCSIイニシエータのソフトウェアがインストールされている必要があります。ドライバはディストリビューション付属のカーネルであれば大抵有効になっていると思いますので、iSCSIイニシエータのセットアップから開始します。Redhatであればiscsi-initiator-utilsとしてRPMが用意されていますのでこれをインストールします。

# yum install iscsi-initiator-utils

次にiscsiデーモンを起動します。

# service iscsi start

ここからイニシエータの設定を行っていきます。イニシエータの情報はデータベース管理されており、iscsiadmコマンドを用いてこのデータベースを参照、更新できます。
最初にターゲットの情報を取得してデータベースに登録します。

# iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 192.168.12.146192.168.12.146:3260,1 iqn.1994-04.jp.co.hitachi:rsd.d7h.t.11799.1a000192.168.12.143:3260,1 iqn.1994-04.jp.co.hitachi:rsd.d7h.t.11799.0a000

-pオプションで指定したストレージのコントローラで接続可能なターゲットの情報一覧が表示されます。同時にデータベースへの登録も行われています。

次に接続したいターゲットを指定してログインします。

# iscsiadm -m node -T iqn.1994-04.jp.co.hitachi:rsd.d7h.t.11799.1a000 -p 192.168.12.146 --login

dmesgをみるとストレージが/dev/sdaとして認識されたことが確認できます。

# dmesgscsi0 : iSCSI Initiator over TCP/IPVendor: HITACHI Model: DF600F Rev: 0000Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 04SCSI device sda: 503316480 512-byte hdwr sectors (257698 MB)sda: Write Protect is offsda: Mode Sense: 77 00 00 08SCSI device sda: drive cache: write throughSCSI device sda: 503316480 512-byte hdwr sectors (257698 MB)sda: Write Protect is offsda: Mode Sense: 77 00 00 08SCSI device sda: drive cache: write throughsda: unknown partition tablesd 0:0:0:0: Attached scsi disk sda

この後は通常どおりのブロックデバイスの操作です。
普通にパーティションを作成するにはfdisk等を用います。

# fdisk /dev/sda

あるいはLVMを使用しているのであればpvcreateで物理ボリュームとして登録します。

# pvcreate /dev/sda

基本的なセットアップは完了です。
ターゲットについての設定情報を参照するには以下のようにします。

# iscsiadm -m node -T iqn.1994-04.jp.co.hitachi:rsd.d7h.t.11799.1a000 -p 192.168.12.146node.name = iqn.1994-04.jp.co.hitachi:rsd.d7h.t.11799.1a000node.transport_name = tcpnode.tpgt = 1node.active_conn = 1node.startup = automaticnode.session.initial_cmdsn = 0node.session.auth.authmethod = Nonenode.session.auth.username = node.session.auth.password = node.session.auth.username_in = node.session.auth.password_in = node.session.timeo.replacement_timeout = 120node.session.err_timeo.abort_timeout = 10node.session.err_timeo.reset_timeout = 30node.session.iscsi.InitialR2T = Nonode.session.iscsi.ImmediateData = Yesnode.session.iscsi.FirstBurstLength = 262144node.session.iscsi.MaxBurstLength = 16776192node.session.iscsi.DefaultTime2Retain = 0node.session.iscsi.DefaultTime2Wait = 0node.session.iscsi.MaxConnections = 1node.session.iscsi.MaxOutstandingR2T = 1node.session.iscsi.ERL = 0node.conn[0].address = 192.168.12.146node.conn[0].port = 3260node.conn[0].startup = manualnode.conn[0].tcp.window_size = 524288node.conn[0].tcp.type_of_service = 0node.conn[0].timeo.logout_timeout = 15node.conn[0].timeo.login_timeout = 15node.conn[0].timeo.auth_timeout = 45node.conn[0].timeo.active_timeout = 5node.conn[0].timeo.idle_timeout = 60node.conn[0].timeo.ping_timeout = 5node.conn[0].timeo.noop_out_interval = 10node.conn[0].timeo.noop_out_timeout = 15node.conn[0].iscsi.MaxRecvDataSegmentLength = 65536node.conn[0].iscsi.HeaderDigest = None,CRC32Cnode.conn[0].iscsi.DataDigest = Nonenode.conn[0].iscsi.IFMarker = Nonode.conn[0].iscsi.OFMarker = No

これらの設定情報を編集するには同じくiscsiadmコマンドをアップデートモード実行します。

# iscsiadm -m node -T iqn.1994-04.jp.co.hitachi:rsd.d7h.t.11799.1a000 -p 192.168.12.146 -o update -n node.startup -v manual

* -o update : 操作モードをアップデートモードに指定
* -n : 設定項目を指定
* -v : 設定項目の値を指定

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中